ブリリアント・フューチャーズ


Scroll to content

1932年の創業以来、博愛主義と分ち合いの精神は、ハリー・ウィンストンの中核をなす価値観であり続けています。創始者ハリー・ウィンストンは、ハリウッドの名声と貴重な宝石の魅力を活用することで、より多くの人々に慈善事業の意義を訴えることができると確信していました。彼の意志を尊重すべく、私たちは、ハリー・ウィンストン・ブリリアント・フューチャー・チャリタブル・プログラムを立ち上げ、世界中で慈善事業を支援活動を展開してきました。この画期的なプログラムは、人々に希望を与え、彼らの人生に変化をもたらすことを意図しており、明るく健全な未来を築く機会をすべての人々に与えることを目標としています。

ナイラ・ハイエック ハリー・ウィンストン社最高経営責任者

 

1932年の創業以来、ハリー・ウィンストンは店舗を展開している地域社会に対して、献身的な支援活動を続けてきました。熱心な慈善活動家であった創始者ハリー・ウィンストンは、人々に希望を与えその生活を向上させるといった、分かち合いの精神を築き上げていったのです。

彼は、1949年に「コート・オブ・ジュエルズ(宝石の宮廷)」と呼ばれる移動展示会を企画し、所蔵していた最も貴重で歴史的価値の高い宝石コレクションを人々に披露しました。その展示品のハイライトは、45.52カラットにもおよぶサイズの濃紺色を帯びた世界最大のブルーダイヤモンド「ホープ・ダイヤモンド」でした。約5年間かけて全米の主要都市を移動した展示会の収益は、各都市の慈善事業支援にあてられました。そして1958年、ハリー・ウィンストンは、全世界への贈り物として、このホープ・ダイヤモンドをワシントンD.C.のスミソニアン研究機構に寄贈したのです。

彼の意志を受け継ぎ、恵まれない若者に健全で輝かしい未来を提供することを目的として活動している慈善事業団体を支援するため、2010年11月、ハリー・ウィンストン・ブリリアント・フューチャー・チャリタブル・プログラムが立ち上げられました。このプログラムを通じ、ハリー・ウィンストンは、若者に質の高い教育を受ける機会、文化的および芸術的な感性を高める機会を提供している慈善団体を支援しています。

philanthropy

 

世界屈指のエイズ研究財団 amfAR

ワールドワイド


© Kevin Tachman

ハリー・ウィンストンは、革新的な研究によりグローバルにエイズを撲滅させることを目的としたamfARの活動を支援しています。そして、同財団の歴史において最大規模となる単一企業との画期的なパートナーシップ締結から2周年を迎えました。

2015年1月のパートナーシップ締結以降、ハリー・ウィンストンは、2020年までのHIV・エイズ終焉を目指し、エイズ治癒に向けた科学的基盤構築を目的としたamfARの“Countdown to a Cure”プログラムの主要支援者として従事。エイズ治療・研究センターへの支援をはじめ、このパートナーシップを通じてこれまでにamfARによる200もの助成金支給を支援してきました。同センターでは、研究者たちが協力してエイズ治療のための研究に取り組んでいます。

また、amfARの重要な支援者として、同財団が資金集めを目的とし、世界各地で行うチャリティガラ・イベントの主要スポンサーも務めてきました。

 

ハーレム・アカデミー

ニューヨーク

ハリー・ウィンストン・ホープ財団は、低所得が原因で教育システムから取り残される可能性がある優秀な学生に教育機会を提供するスクール、ハーレム・アカデミーの支援を行っています。ハリー・ウィンストンが支援する初等・中等科学プログラムでは、学生たちは厳格なカリキュラムのもと、科学の分野で優れた成果を収めるために必要なスキル、知識、そして自信を身に付けることができます。ハーレム・アカデミーでは、卒業生全員が最高レベルの高等教育機関に進学しています。

 

UCLAマテル小児病院

ロサンゼルス

ロサンゼルスにあるUCLAマテル小児病院は、最高レベルの評価を受けている小児病院の1つです。2014年、ハリー・ウィンストンは奨学生3名を選び、子供たちに影響を及ぼす病気や疾患の予防、治療、リハビリテーションの研究活動を5年間支援することを発表しました。2015~2016年に選ばれたハリー・ウィンストン奨学生は、先天性心疾患と胃腸疾患の治療に関する研究活動で素晴らしい功績を残しています。

 

インターナショナル・ユース・ファウンデーション

中国

ハリー・ウィンストン・ホープ財団は、権威あるインターナショナル・ユース・ファウンデーション(IYF)のパスポート・トゥ・サクセス・プログラムを中国の学生向けに最適化して導入するために、IYFおよびその現地機関であるチャイナ・ユース・ディベロップメント・ファウンデーションを支援しています。同プログラムは、退学の可能性がある生徒を学校に留めることにより、就職の可能性を高め、未来への希望を広げるために考案されました。パスポート・トゥ・サクセスでは、自尊心の確立、チームワークの理解、コミュニケーション力の向上、就職試験の準備などの重要な生活技能を授けます。実際にこのプログラムを通じ様々なポジティブな結果が報告されており、参加者がより質の高い職業に就業できたことや、また雇用側が生徒のインタビュー能力や作業技能を高く評価していることなどが例として挙げられます。

 

チャンス・フォー・チルドレン

日本


© atsuki Yasuda/studio AFTERMODE

ハリー・ウィンストンは、主に2011年の東日本大震災で被災した子供たちに学校外教育を受ける機会を提供している公益社団法人チャンス・フォー・チルドレンを支援しています。同法人は、経済的な理由により学校外教育を十分に受けられない子供たちに対して、学習塾や予備校、音楽・美術教室、スポーツ活動などの課外プログラムに参加する機会を提供することにより、教育面および私生活での健全な成長を促す支援活動を行っています。

 

オレンジ郡小児科病院(CHOC)

カリフォルニア州オレンジ郡

ハリー・ウィンストンは、南カリフォルニアの子供たちの看護に対する変革において、オレンジ郡小児科病院(CHOC)をサポートしています。USニューズ&ワールド・レポート誌に、小児病院の中で最も優れた病院であるとされたオレンジ郡小児科病院は、50年以上にわたって子供たちに質の高い医療を提供することに力を注いでいます。カリフォルニア大学アーバイン校と提携した地域の小児医療ネットワークは、オレンジ市の最先端技術の279の病床のあるメイン病棟、ミッションビエホ市の病院内の病院(1つの病院内で様々な対応を提供する取り組み)も含まれています。CHOCでは、多くの重要で特殊なケアクリニック、100以上の追加プログラムとサービス、小児科研修医制度、4つの最高研究拠点を擁しています。

 

ボイス・フォー・チルドレン

フロリダ州マイアミ

ハリー・ウィンストンはボイス・フォー・チルドレンをサポートしています。この組織は、マイアミ・デイド郡において虐待や育児放棄された子供たちに対して、裁判所が任命した訴訟後見人ボランティア、さらに、教育、医療、社会的ニーズを保証しています。ボイス・フォー・チルドレンはマイアミ・デイド郡で児童養護制度下にいる3000人以上にのぼる子供達への対応が急務であったとして設立されました。組織にサポートされる子供達は、訴訟後見人ボランティアと共に、児童養護施設での生活が少なくなる傾向にあり、学校で積極的な成果を生んでいます。

 

 

Close
QR code for this page URL Share this product on WeChat
トップに戻る