戻る

Harry Winston unveils its 2019 Métiers d’Art


ニュース

  • Harry Winston unveils its 2019 Métiers d’Art
  • Premier Precious Micromosaic Automatic 36mm PRNAHM36RR026
  • Premier Precious Micromosaic Automatic 36mm PRNAHM36RR025
  • Premier Precious Micromosaic Automatic 36mm PRNAHM36WW024
  • Premier Precious Micromosaic Automatic 36mm PRNAHM36WW025
  • Premier Precious Peacock Automatic 36mm PRNAHM36RR027
  • Premier Precious Peacock Automatic 36mm PRNAHM36WW026
  • 2019年09月06日
  • Mail

ハリー・ウィンストンの新たな伝説の舞台は、イタリアの古都ラヴェンナ。同地はマイクロモザイク芸術で世界的に知られています。

ハリー・ウィンストンの歴史を彩る、希少な宝石とまるでアートのような美しいデザイン。マイクロモザイクガラス細工をダイヤルに施した、6つのタイムピースをご紹介します。比類なき存在感を放つこのダイヤルは、イタリアのラヴェンナの職人による手仕事によるもの。これらの鮮やかなダイヤルは、ハリー・ウィンストンの真髄であるダイヤモンドと芸術のマリアージュによって生まれました。

古代からの芸術様式であるマイクロモザイクは、テッセラと呼ばれるカラーガラスやセラミック、石等の小片を使って製作されます。テッセラはデザインに基づいて、接着面に配されます。古代ギリシアと古代ローマで広く使われたマイクロモザイク芸術は、ビザンティン帝国で栄えました。5世紀にローマ帝国の、その後8世紀までビザンティン帝国の首都だったラヴェンナは、マイクロモザイク芸術を極めて高い水準にまで引き上げ、初期のキリスト教建造物の壁や天井を飾る数々の傑作を生みだしたのです。

ハリー・ウィンストンは、タイムピースのダイヤルを彩る、新しく独創的な手法を常に探し求めています。HW プルミエール・コレクションの新たなダイヤルを生み出す手法として今回採用されたのは、ガラスのマイクロモザイク芸術でした。6つのバリエーションで構成されるこのタイムピースは、ダイヤルが手作業で製作されています。大胆なカラー・パレットとマットなガラスのコンビネーションが、新鮮な表情を生み出します。

スイス製機械式自動巻きムーブメントを搭載した「HW プルミエール・プレシャス マイクロモザイク オートマティック 36mm」「HW プルミエール・プレシャス ピーコック オートマティック 36mm」。どちらも18K ホワイトゴールドまたは 18K ローズゴールドがそろいます。各バージョン30本限定です。

詳細はこちら

最近のポストをみる

Close
QR code for this page URL Share this product on WeChat