New York Collection
by Harry Winston


ニューヨーク―象徴的なランドマーク、絶え間ない動き、独特のスピリット、そして特有のスタイル―そのエネルギーに匹敵するものはありません。感動と魅惑の中心であるこのすばらしい都市は、1932年のブランド創立以来、ハリー・ウィンストンのデザイナーたちにとってインスピレーションの源であり続けてきました。そして今、新たな伝説を紡ぐコレクション「ニューヨーク・コレクション・バイ・ハリー・ウィンストン」が誕生。このコレクションは、創始者の愛した街、ニューヨークへの宝石を散りばめたラブレターとして、「ブラウンストーン」、「カテドラル」、「シティ・ライト」、「フィフス・アヴェニュー」、「718」、「セントラルパーク・モザイク」、「イーグル」のサブコレクションから構成されます。

Winston's New York

それぞれのコレクションは、ニューヨークにまつわるハリー・ウィンストン物語を雄弁に語ります。アッパーウエストサイドのブラウンストーンの重厚な建築、セントラルパークの有機的なカラーパレットと幾何学模様、タイムズスクエアのきらめくシティライト、五番街沿いのダイナミックなエネルギーやアールデコ建築の佇まいなど、ニューヨークを構成するすべての要素が彼のデザイン美学に影響を与えました。このコレクションは、ニューヨークが放つエネルギーや美意識、本質的な要素をあますことなく表現しています。


Cathedral 
by Harry Winston


創始者ハリー・ウィンストンが自身の名を冠したサロンを最初に構えたのは東51丁目7番地。そのアトリエの窓からは、セント・パトリック大聖堂の堂々とした佇まいが広がっていました。

創始者ハリー・ウィンストンは毎日、所有する数多の宝石の光を浴びながら、印象的なネオゴシック建築の眺めを堪能していました。

聖パトリック教会

聖パトリック教会の完璧なプロポーションとそれを生み出した熟練の職人技。卓越したその佇まいからインスピレーションを受け誕生したカテドラル・シリーズは、ペアシェイプ・エメラルドの比類のない美しさを際立たせ、ウィンストン・スタイルを最も純粋な形で称えています。


718
by Harry Winston


1960年3月、ハリー・ウィンストンが5番街718番地に移転をした当時、ニューヨークの建築はミニマルなスタイルを特徴としていました。しかし、真の先見の明のあるハリー・ウィンストンは、18世紀フランス式の建物こそ彼のコレクションを展示し、世界中からの顧客を迎えるのに最適だと構想していました。

細部にまで彼のこだわりが込められたサロンは、 床から天井に至るまで、すべての要素がそこに収められるジュエリー同様、完璧でした。 「718」は、ブランドの象徴であるニューヨーク本店の歴史的な魅力とエレガントなディテールを称えています。

718 Marble Marquetry

ダイヤモンドとサファイアを配したネックレス、イヤリング、リングから構成される「718 マーブル・マルケトリ」は、ハリー・ウィンストンの名高いアトリエを飾るブラック&ホワイトの大理石のディテールからインスピレーションを得ています。


Central Park Mosaic
by Harry Winston


セントラルパークの四季を通じての自然の輝きは、いつも自然の美しさに目を向けていたハリー・ウィンストンにとって、大切なインスピレーション源のひとつでした。

ニューヨークの象徴、セントラルパーク

ハリー・ウィンストンはその人生を希少な宝石に捧げ、自身の名を冠したブランドを成長させることに専念。デザイナーと共に多くの時間を費やし、たったひとつのジュエリーを作り上げることもしばしばでした。

ハリー・ウィンストンのオフィスから数ブロック離れた場所にあるニューヨークを象徴する公園、セントラルパークは、ハリー・ウィンストンとそのデザイナー達に新鮮な視点を与えました。

Central Park

イヤリング、ブレスレット、リングから構成される「セントラルパーク・モザイク」にはエメラルド、サファイア、ダイヤモンド、アクアマリンが配され、ニューヨークのアイコンである雄大な風景が表現されています。


Eagle
by Harry Winston


羽ばたく鳥の姿を模した至高のハイジュエリーは、ハリー・ウィンストンとニューヨークが交わした古の約束を表現しています。

鉄道はハリー・ウィンストンの人生にとって常に重要な役割を演じていました。希少な宝石の探求においても、彼はしばしば鉄道を利用していました。1900年代前半、旧グランド・セントラル・デポ(市の名高い輸送ハブ)を含めニューヨ ークの多くの建物には、成長、飛翔、運動のシンボルとして鋳鉄製の鷲が飾られていました。

Eagle Collection

「イーグル」は、鳥の羽ばたく姿をイメージして巧みにセットされた無色透明なダイヤモンドとファンシーイエローダイヤモンドの見事な組み合わせが、その名の示す威厳を想起させます。


City Lights
by Harry Winston


色とりどりの宝石はダイヤモンドの輝きと重なり合い、ニューヨークの街が放つきらびやかな光のエネルギーを表現します。

1933年に結婚したウィンストン夫妻は、新婚生活をニューヨークで送り、社交イベントやブロ ードウェイのショーによく出かけていました。ブロードウェイをこよなく愛した彼らは、巡回展「コート・オブ・ジュエルズ(宝石の宮廷)」を開催した際、当時のブロードウェイの一流スターたちに、ブランドのジュエリーの着用をリクエスト。巡回展に華やかな彩りを加えました。

New York City Lights

「シティ・ライト」は、カラフルなダイヤモンドと鮮やかな宝石によって、ブロードウェイの活気あふれる光をイメージしています。


Fifth Avenue
by Harry Winston


ニューヨーク中、あるいは世界中のどこを探しても、5番街ほどハリー・ウィンストンの物語と密接に結びついた街はありません。

メトロポリタン美術館

6マイル以上にも及ぶ5番街は、ニューヨークならではの情熱、卓越した建築、そして無限のスタイルを有しています。